ホーム > トピックス > 【山梨県から】新型コロナウイルスの感染拡大防止への協力要請について

【山梨県から】新型コロナウイルスの感染拡大防止への協力要請について

山梨県における感染拡大防止への協力要請(令和4年3月31日まで)

 感染拡大防止を図るため、山梨県知事より特別措置法第24条第9項に基づき、令和4年3月31日まで次に掲げる感染拡大防止対策が要請されています。
 なお、今回の要請の期間や内容については、今後の感染状況等により変更する場合があります。
(1月7日改訂)
詳細は、山梨県ホームページをご確認ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

山梨県民の皆さまへ

  • 日常生活を営むに当たり、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや手指消毒などの基本的な感染対策を徹底するとともに、十分な換気(30分間に1回程度)を行うよう要請します。冬季は暖房使用により換気がおろそかになりがちなため、特に定期的な換気に留意してください。
  • 人混みへの外出、密閉・密集・密接の「3つの密」のある場への外出、基本的な感染防止対策が行われていない施設の利用を自粛してください。
  • 発熱の有無に関わらず、喉の痛みや咳など、少しでも体調が悪い場合には、できる限り早くかかりつけ医や医療機関で受診してください。
  • 感染リスクの高まる会食(同一グループの同一テーブルでの5人以上※)については、自粛してください。(令和4年1月31日まで) ※結婚披露宴等については個別協議とする。
  • 基本的な感染防止対策の行われていない大人数での会食の自粛、また会食に際しては、基本的な感染防止対策が行われていない施設の利用は避け、やまなしグリーン・ゾーン認証を受けた施設を利用するとともに、当該施設が定める感染防止ルールを厳守するよう要請します。
  • 通勤、通学、通院、生活必需品の買い出し、ワクチン接種などを除き、外出や他の市町村等への移動に当たっては、県からの感染状況等の情報をよく把握したうえで、慎重に判断して行動してください。(令和4年1月31日まで)
  • まん延防止等重点措置の対象区域である都道府県への移動は、通勤、通学、通院など、やむを得ない事情がある場合を除き、自粛してください。(令和4年1月31日まで)
    その他の都道府県も含め
    特に県外へ移動する際には、ワクチン接種または健康上の理由等によりワクチン接種を受けられない方は検査による陰性確認を受けるなど、安全性を担保したうえで行動してください。また、県外在住者についても本県へ来訪する際は、同様の対応を行ってください。

その他、『事業者向け』等、県ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご確認ください。

感染防止対策が取られた施設を利用しましょう

 感染防止徹底のため、特に会食などの機会においては、県の休業等の協力要請を個別に解除した施設(休業要請解除施設)、または事業者が行う感染防止対策が県が示す基準に適合しているとして認証された施設(グリーン・ゾーン認証施設)を利用いただけるようお願いします。

グリーン認証ロゴ

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等について

詳細はこちら➡山梨県ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等」このリンクは別ウィンドウで開きます
かかりつけ医がいる場合 → かかりつけ医等最寄りの医療機関に電話をして相談
かかりつけ医がいない場合 → 山梨県新型コロナウイルス感染症受診・相談センターに相談
山梨県新型コロナウイルス感染症受診相談センター
電話:055-223-8896(24時間対応)

11月1日より新しい相談体制となります。

【診療・検査医療機関】
 発熱等の症状がある方の診療を行う医療機関を「診療・検査医療機関」として指定し、同意が得られた医療機関を掲載しています。
○受診の際の注意事項
・診察を希望する場合は、直接受診せず、必ず事前に電話するようにしてください。
・検査は、医師が判断した場合に実施します。
・対応可能時間は、各医療機関の事情により変更となる場合がありますので、電話で御確認ください。
【峡南地域】診療・検査医療機関一覧(R3.11.1更新)(PDF:174KB)

▲このページの先頭へ