ホーム > 暮らしの情報 > 子育てと母子の健康 > 不妊治療費助成制度について

不妊治療費助成制度について

市川三郷町では、不妊症で悩む夫婦の経済的負担を軽減する事を目的として、不妊症の治療に要する費用の一部を助成します。

対象者

次の項目を満たしている方が対象です

  • 夫婦のいずれかが、国内の医療機関において不妊症と診断され、その治療を受けていること
  • 申請前1年以上継続して市川三郷町に居住し、住民基本台帳法に規定する本町の住民票に記録されている者で、法律上婚姻していること
  • 医療保険各法の規定による被保険者または、被扶養者であること
  • 町税等を滞納していないこと

男性・女性いずれの不妊治療も対象です。

対象となる治療

  • 治療内容 ・・・ 不妊症の治療
  • 医療機関 ・・・ 国内の医療機関において受けた治療

 山梨県が助成する特定不妊治療費助成制度このリンクは別ウィンドウで開きますの対象となる治療については、助成を受けた後の自己負担分が対象となります。

 市川三郷町に継続して1年以上住所のあった日以降からの治療が対象となります。

助成額・助成回数等

  • 助成額は自己負担額の2分の1とし、20万円を限度。(他の助成事業などで給付を受けた場合は、その受けた額を控除した額)
  • 助成回数は1会計年度当たり1回(4月から翌3月)
  • 通算5年間まで補助できます

申請期間

  • 不妊治療期間が終了した日から起算して1年以内(市川三郷町不妊治療費助成事業受診等証明書に記載されている治療期間が終了した日から起算して1年以内)

確定申告の医療費控除について

本事業で受けた助成金は、確定申告の医療費控除の「保険金などで補てんされる金額」に該当し、1年間にかかった医療費から助成金額を差し引いたものが医療費控除の対象になりますので、先に町に申請してから、税務署で医療費控除をするようにしてください。詳細は、最寄りの税務署に確認してください。

申請に必要な書類

  • 不妊治療費助成事業助成金申請書PDFファイル(申請者が記入してください)
  • 不妊治療費助成事業受診等証明書PDFファイル(主治医が記入してもらってください)
  • 同意書PDFファイル(申請者が記入してください)
  • 夫婦の保険証
  • 山梨県特定不妊治療費助成事業決定通知書の写し(県へ助成申請をされたは必要です)
  • 医療機関発行の領収書(不妊治療費助成事業受診等証明書の領収金額と領収書の合計金額が一致していることをご確認ください)

申請窓口

  • 三珠庁舎・・・三珠支所住民サービス係
  • 市川庁舎・・・福祉支援課
  • 六郷庁舎・・・いきいき健康課子育て支援係

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

いきいき健康課 子育て支援係
TEL:0556-32-2114

暮らしの情報

▲このページの先頭へ