ホーム > 暮らしの情報 > > 住民税特別徴収完全実施について

住民税特別徴収完全実施について

個人住民税の特別徴収完全実施について

給与所得者の個人住民税については、地方税法第321条の4と市川三郷町税条例によって、原則、特別徴収による方法で納入しなければならないこととなっています。

平成26年度から、法令の規定により、山梨県内の全市町村において特別徴収の完全実施を行っています。

※今まで普通徴収としていた従業員の方も特別徴収の対象となる場合があります。

特別徴収の完全実施についてPDFファイル(609KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

山梨県/個人住民税の特別徴収制度についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

特別徴収とは

所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者(事業主)が、給与所得者(従業員)に毎月支払う給与から個人住民税を天引きし、納税義務者である従業員に代わって、各従業員のお住まいの市町村に納入していただく制度です。

特別徴収の完全実施により、平成26年度以降、一定の理由がない限り普通徴収を選択することができません。

普通徴収を行う場合、「普通徴収切替理由書」の提出が必要です。
普通徴収該当者の給与支払報告書を提出する際に、「普通徴収切替理由書の添付」と、「給与支払報告書の適用欄に切替理由の記入」をお願いいたします。

※詳しくは「町・県民税(住民税)の普通徴収(個人納付)への切替理由書についてこのリンクは別ウィンドウで開きます」のページをご覧ください。

普通徴収切替理由書PDFファイル(61KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

※eLTAXにて給与支払報告書を提出する場合、給与支払報告書摘要欄に普通徴収理由項目(普A~F)の記載がなされている場合は、普通徴収切替理由書の添付提出は必要ありません。
(普通徴収区分にて提出されている給与支払報告書であっても該当理由項目の記載がなされていない場合は特別徴収とさせていただくこともありますので必ず御記入していただきますようお願いいたします。)

特別徴収にかかる届出様式

・退職等により住民税の徴収方法が変更となる場合届出

給与支払報告特別徴収にかかる特別徴収異動届出書PDFファイル(216KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

・就職等により新規で特別徴収へ切替を行う場合の届出

普通徴収から特別徴収への切替届出書PDFファイル(129KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

上記届け出を税務課へご提出ください。

お問い合わせ先 税務課 住民税係 TEL:055-272-1104


アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

暮らしの情報

▲このページの先頭へ