ホーム > 暮らしの情報 > 年金 > 国民年金

国民年金

国民年金

国民年金は、国籍を問わず日本に住んでいる20歳以上の人を対象に、老齢、障害、死亡のとき、共通の基礎年金を支給するもので、すべての人が加入する制度です。大学、専修学校の生徒も加入することが義務付けられています。

国民年金加入の対象となる人

第1号被保険者 自営業、農林業、学生などの日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人で、次の第2号・3号被保険者に該当しない人
(1)商工業などの自営業の人
(2)家事手伝いなど職についていない人
(3)学生・生徒
加入手続きは、役場で行ってください。
第2号被保険者 会社員や公務員など、厚生年金保険、共済組合に加入している人 加入手続きは、勤務先の事業所で行ってください。
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人
○サラリーマンや公務員の妻(又は夫)
※サラリーマンや公務員の配偶者でも、自分で事業を営んでいたり、パート勤めをして一定額以上の収入がある場合は、第1号被保険者になります。
加入手続きは、勤務先の事業所で行ってください。

保険料免除制度

所得が低いなど経済的な理由や失業などで、保険料を納めるのが困難な人は、申請して認められると保険料が免除されます。

若年者納付猶予制度

30歳未満の方に限り、保険料免除申請の同様の理由がある場合は保険料の後払いができます。審査基準は免除申請より緩やかになっています。

学生納付特例制度

学生本人の所得が一定以下の場合、申請により、在学中の保険料が後払いできます。

※免除、猶予、学特とも10年以内であれば追納出来ます。この期間中に納付しないと受給資格期間には入りますが、給付額は満額とはなりません。

国民年金こんな場合は届出を

届出が必要な場合

20歳になったとき(厚生年金や共済組合に加入している人を除く)
必要なもの:学生証(学生の人)
第1号被保険者の方で住所・氏名が変わったとき
必要なもの:年金手帳
会社をやめたとき(扶養している配偶者の変更も必要)
必要なもの:本人・配偶者の年金手帳、退職日がわかる書類など
厚生年金・共済組合に加入している配偶者の扶養からはずれたとき
必要なもの:年金手帳、扶養をはずれた日がわかる書類など
第1号被保険者の方で国民年金を受けようとするとき
必要なもの:窓口へお問い合わせください。
国民年金のみ受給している人が死亡したとき
必要なもの:窓口へお問い合わせください。

その他届出が必要な場合

厚生年金・共済組合に加入している配偶者の扶養になったとき
お問い合わせ先:配偶者(厚生年金・共済組合加入者)の勤務先にお問い合わせください
第2号被保険者、第3号被保険者期間のある人が老齢基礎年金を受けようとするとき
お問い合わせ先:社会保険事務所の窓口へお問い合わせください
・竜王社会保険事務所
 甲斐市名取347-3
 TEL:055-278-1104

お問い合わせ先

町民課 国保年金係
〒409-3601
市川三郷町市川大門1790-3
TEL:055-272-1101(代)
TEL:055-272-1105(直)
FAX:055-272-1198

暮らしの情報

▲このページの先頭へ