ホーム > 行政情報 > 監査委員事務局からのお知らせ > 市川三郷町議会開催のお知らせ

市川三郷町議会開催のお知らせ

令和4年第2回定例会についてお知らせします。

【日程】
 開会:令和4年6月  2日(木)
 閉会:令和4年6月14日(火)
 会期(13日間)

 6月    2日(木)午前10時 本会議(一般質問等)
 6月    3日(金)午前  9時 総務厚生常任委員会
 6月  7日(火)午前10時 教育土木常任委員会
 6月  14日(火)午前10時 本会議(委員長報告等)
 *日程は、6月2日の本会議で正式決定します。

【提出が予定されている議案等】
「令和3年度市川三郷町一般会計繰越明許費繰越計算書」など《報告4件》
「市川三郷町税条例中改正の専決処分につき承認を求めることについて」など 《承認6件》
「市川三郷町議会議員及び市川三郷町長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例中改正について」《条例改正4件》
「令和4年度市川三郷町一般会計補正予算(第2号)」など 《補正予算7件》   

 以上 報告4件、承認6件、議案11件、合計21件。
 (追加議案は最終日に提出されます。) 

【一般質問】7名の議員から通告がありました。        
◇一瀬 正 議員
1 町長は給付型から公共支援型へ移行すると言われ、育児支援及び高齢者支援の諸施策を廃止、縮小されましたが、町長が考えている公共支援型の諸施策とはどういう事業なのか具体的に教えて下さい。
 町長は選挙公約の柱に「心」をうたいましたが、町長として、実現しようとする「心」の諸施策とは、具体的にどういう目標なのかお伺いします。
3 町長の重要な仕事の一つは諸事業の裏付けとなる予算の捻出だと思います。国、県の補助金活用のため、国会議員、県議会議員への働きかけが重要です。就任以来3回の予算計上となりますが、有利な補助金獲得は何件ありましたか。
4 若者定住促進事業は若者に移り住んでもらい、町の活性化をはかる大事な事業ですが、若者に移り住んでもらうための諸施策の展開が必要と考えますが、町長の方針を伺います。
5 市川中央通りの一方通行解除について町長の見解と方針を伺います。
6 上地区、下地区公民館のお風呂は再開すべきと考えますが町長の見解を伺います。
7 火災や災害時の防災無線放送の改善について町民から要望が寄せられていますが改善について伺います。

◇秋山 豊彦 議員
1.町長・副町長の役割分担と副町長設置の効果について
2.町民体育館の床問題について

◇小川 好一 議員
1 第三者委員会
   官製談合再発防止等にかかる第三者委員会の答申を受けた町の対応について
2 損害賠償
   官製談合による町に与えた損害の解明と賠償について

◇新津 千吉 議員
1.町長の政治姿勢について
2.職員定数条例について
3.財政改革について
4.ニードスポーツセンターについて
5.人口減少対策について

◇丹澤 孝 議員
1.「神明の花火大会」の今後の運営形態について
2.町ホームページでの民間グループの活動情報等の発信について
3.市川大門中央通りの一方通行逆走防止対策について

◇齋藤 美佐 議員
1.子育てにやさしいまちづくりについて
①障がいの有無に関係なく誰もが楽しく遊べるインクルーシブ遊具の提供を
②ニードスポーツセンター内のキッズスタジオで産後ケアや子育て世代の教室を開催しては
③庁舎内にキッズスペースの設置を
2.防災・減災に強いまちづくりについて
①河川の氾濫危険度をインターネット上で確認できる水位情報の周知を
②消火栓のホース口径を65㎜から女性や高齢者にも使える40㎜ホースに移行して防災訓練を強化していく考えは
3.外出支援サービスの充実を
①交通弱者対策の進捗状況は

◇髙尾 貫 議員
1 市川三郷町地域強靭化計画に基づく急傾斜地における土砂災害を防ぐための堰提の設置を
2 峡南北部地域医療の充実と市川三郷病院建て替えを急いで

*一般質問は通告順に行い、一人1時間以内(答弁は除く)です。
 

☆ただ今、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本会議の傍聴席を15名に制限させていただいております。傍聴される方はマスク着用のうえ、傍聴人名簿への記入をお願いいたします。
☆2日と14日の本会議は、本庁・三珠支所・六郷支所にて中継もおこなっております。

お問い合わせ先 議会事務局 TEL:055-272-1108

行政情報

▲このページの先頭へ