第33回神明の花火大会について

ホーム > 神明の花火サイト > 神明の花火 > 第33回神明の花火大会について

 9月17日、神明の花火大会の実施運営を担う市川三郷町ふるさと夏まつり実行委員会会長である久保眞一町長、同じく実行委員長である秋山詔樹氏らが、官製談合防止法違反の疑いで逮捕されました。

 久保会長および秋山実行委員長は、神明の花火大会の安全安心かつ責任ある実施・運営という責任を背負わねばならない立場でありながら、町民の皆様をはじめ多くの方々に多大なご心配やご迷惑をおかけする事態となったことに社会的責任を痛感しております、この場を借りて心よりお詫び申し上げます。

 10月8日、9日に開催予定でした第33回神明の花火大会につきましては、諸般の事情を鑑み、当日の花火打ち上げは取りやめさせていただくこととなりました。

 なお、大会開催の可否など、今後の予定につきましては内容が決定し次第随時お知らせいたします。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 最後に、実行委員会会長ならびに実行委員長の不在という非常事態でありますが、実行委員会一丸となって責務を果たしながら、町民はじめ多くの皆様方の信頼回復に鋭意努力して参ります。

 今後も神明の花火大会へのご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。