ホーム > 観光情報 > 史跡・文化財 > 市川教会(国登録有形文化財(建造物))

市川教会(国登録有形文化財(建造物))

【登録年月日】平成九年六月十二日
【所 在 地】市川大門九〇七
【所 有 者】日本キリスト教団市川教会


 明治三十年建築。木造平屋建、桟瓦葺の簡素な建物で、天然石の高基礎上に建っています。内部は一室で、正面に半円形の祭壇を設け聖餐台を置いています。袴越屋根及び切妻とする玄関妻壁の意匠が特徴的で、漆喰仕上げとする独特の外観は、「今昔通り」と呼ぶ道筋の中心的な存在です。

市川教会

観光情報

▲このページの先頭へ